アプリファクトリーはるni株式会社

TGS2019に行ってきましたー!

東京ゲームショウの3日目と4日目の一般公開日に、

MOBAと呼ばれるジャンルのゲームの日本代表決定戦が行われていたため、主にそちらを観戦しに行きました。

ちなみにMOBA系のゲームルールは、ざっくりというと5対5で戦い敵の本拠点を破壊した方が勝利すると行った感じです。

 

TGS3日目に、

日本eスポーツ連合(JeSU)ブースにて第11回eスポーツワールドチャンピオンシップのDOTA2日本代表決定戦が行われており、私自身もプレイしているゲームだったため観戦しに行きました。

私自身、日本でMOBA(特にDOTA2)は流行っていないと感じていたのですが、想像以上に人が見にきていたため驚きました。

私自身は、へっぽこプレイヤーですが、とても見応えのある楽しめる試合でした。見に行ってよかったと思います。

 

当日行われた試合は、こちらのアーカイブで視聴可能です。

https://www.twitch.tv/videos/481118263?t=24m10s

 

 

TGS4日目は、

ステージイベント「e-Sports X」にて伝説対決(AoV)のAIC 2019日本代表決定戦 決勝戦(USG vs SCARS Ace)が行われていました。

こちらもプレイしてるゲームだったため気になり観戦しました。

観戦して驚いたのが、約550席ありましたが、結構埋まっており、試合中に声や拍手が起きて盛り上がっていました。

日本ではあまり流行っていないと思っていたため、驚きました。

BO5の最終試合が時間の都合上、途中で切られたのは残念でしたが、

それ以前の試合展開は、とても見ごたえがあり楽しめたのはよかったと思います。

 

以下が試合のアーカイブです。

 

いつになるか分かりませんが、

はるniでもMOBAのように対戦ゲームを作って、TGSに出展したいですね。

 

もう一点、9/21, 9/22のJDL Tournament Season2に参加します!

[Cocos Creator]ローカルのJSONファイル読み込み

はるniでプログラマーをしているRinEvangileです。

 

今回は、Cocos CreatorでのJSONファイルの読み込みについて書きたいと思います。

使用するCocos Creatorのバージョンは「2.1.0」です。

 

結論から言うと、以下のように書くとローカルのJSONを読み込めます。

JSONファイルは「assets/resources」フォルダ以下に配置してください。

今回の場合は、「assets/resources/json/environment.json」になっています。

 

 

元々、以下の方法でJSONファイルを読み込んでいました。

ただ、この方法でもJSON読み込むことは出来るのですが、ビルドした時だけ読み込めずにエラーになります。

※Cocos Creator上での実行は成功します。

 

以上、短いですが、

参考なれば嬉しいです。