アプリファクトリーはるni株式会社

社員旅行でBitSummitへ!

ブログの作成日からはちょーーっと前の話になりますが、

京都で開催されたインディーゲームの祭典、BitSummitへ社員旅行で行ってきました!

 

6/1日から2日間あるうち初日(6/1)だけ入場。

 

入場時にもらったカップ麺。

(あとで美味しくいただきました!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場結構広いです。

鹿児島アリーナよりちょっと狭いくらい?でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして入場者も多い!

 

ちなみにインディーゲームの祭典ですが、企業(スポンサー)ブースもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームもIP(知的財産権)を使ったものから、ドット、3Dやボクセル、VRまで色々。

 

 

 

 

 

 

最後はPONOSのスマートフォンアプリ「にゃんこ大戦争」のキャラクター”ネコ”との記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年ははるniもスポンサーとして、または出展者として参加できるかなー…

第1回「CocosCreaterと3Dモデル」

なんかCocosCreatorで3Dモデル扱えるようになったらしいのでとりあえず動かしてみたお話。

 

自己紹介が遅れました、SHINATSUと申します。

今回はCocosCreatorで3Dモデルを扱えるようになったそうなので動かしてみました。

使用バージョンは2.1.0です!

 

https://discuss.cocos2d-x.org/t/cocos-creator-v2-1-0-released-hint-3d/44715

リリースノートによるとどうも.fbx形式の3Dモデルに対応している模様。

 

https://www.turbosquid.com/

早速こちらのサイトからフリーの3D素材を探し、ダウンロードして動かしてみました。

 

まずはインポートしてシーンへ追加しモーションを読み込む

テクスチャーを設定して、、、

 

 

 

 

 

動かしてみたのがこちら!

 

 

 

 

・・・・・・・

 

一つ一つにテクスチャーを貼るのは正直しんどいので全体にかけました、、、

 

他にもいくつか3Dモデルを探してみたのですが自分の探し方が悪いのか.tga形式のテクスチャーを使用していたりするものが多くメッシュの設定ができなかったり、(現在のCocosCreatorでは.tga形式が使えない)

.png等を使用していてもメッシュが外れてデフォルト画像を参照したりしていて綺麗に表示できなかったりしました。

3Dモデル作成の知識を深めれば原因も分かりそうなものですが、今回はここまで。

 

次回もCocosCreatorで3Dモデル使ってみたいと思います。

 

では

 

待て、次回!