アプリファクトリーはるni株式会社

ニュース

MORE
お知らせ

新年のご挨拶

    新年明けましておめでとうございます 皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。 また、旧年中はひとかたならぬご厚情を頂きありがとうございます。 2022年も社員一同一丸となりサービス向上に尽力して参ります。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。 本年も宜しくお願い申し上げます。   アプリファクトリーはるni株式会社 社員一同

お知らせ

年末年始休業のお知らせ

年末年始のお知らせ   平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 アプリファクトリーはるni株式会社では誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。   年末年始休業期間:2021年12月30日(木)~2022年01月03日(月)   ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ※ホームページからのお問い合わせにつきましても、2022年01月04日(火)以降回答をさせていただきます。

お知らせ

『LINE:ふわふわダンク』(iOS/Android) 好評配信中!

『LINE:ふわふわダンク』(iOS/Android) がLINE株式会社様より好評配信中です。 本作は弊社アプリファクトリーはるniが企画・開発を担当したタイトルです。 「ハイパーカジュアルゲーム」で世界一のダウンロードを誇るVoodoo様と、 国内No1のコミュニケーションアプリ「LINE」を運用しておりますLINE株式会社様とのコラボ作品となっております。 「ハイパーカジュアル」の楽しさをより多くの日本のゲームプレイヤーにお楽しみいただければと思います。                     「LINE:ふわふわダンク」は、連続タップでボールを操作し、次々にリングを通していくアクションゲームです。 プレイの結果や、一定の条件を達成することで「LINEポイント」がもらえます。 ゲーム内のイベントのランキング上位に入賞することでさらに「LINEポイント」がもらえます。    LINE:Paper.io   iOS   https://apps.apple.com/jp/app/id1564874942?ign-mpt=uo%3D4    Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.LGSDUNK   © Voodoo © 2021 Acid Cousins ©LINE Corporation

スタッフブログ

MORE
ゲームアプリについてお話をさせて頂きました!!!

ゲームアプリについてお話をさせて頂きました!!!

皆様こんにちは。 鹿児島もすっかり寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 今年も残すところもう2か月もないなんて。。。月日が過ぎるのは早いですね!   さて、本日は鹿児島地域振興局さんにお邪魔し、 県職員の方々へゲームアプリの種類や開発に関するお話をさせて頂きました!                       一言でアプリゲームと言っても色んな種類があって、どんなふうに作られているのか、 実際リリースされているゲームの紹介等を交えてテンポよくお話をし、最後には質疑応答も。 皆さん何かしらゲームをされているとのことでしたので、 身近に感じてよりプレイも楽しんでもらえると嬉しいですね!

さこたん
スタッフブログ

アドベンが市電をジャック!

皆さんは夏休みの宿題っていつごろ終わらせるタイプでしたか? 私は最初のうちに終わらせて最終日に手をつけていない宿題を見つけるタイプでした。 夏休みの宿題とは別でもらう宿題とかをね…忘れてて最終日に慌てて終わらせた記憶がね…今となってはいい思い出です。ほんとか?     そんなことはさておき! 鹿児島市内を走る路面電車、通称市電を……… IT Adventure (アイティーアドベンチャー)がジャックします! 本日より1ヶ月間、1両のみ内装がアイティーアドベンチャーで埋め尽くされます! 見渡す限りの緑、ミドリ、みどり! ここまで埋め尽くされていると圧巻ですね!!すごい   皆さんは電車の広告って普段気にしたり読んだりしますか? 私は真剣に見すぎて乗り過ごすことも多々…それはそれでどうなの   今回の広告は、プログラミングを学んでいる生徒さんたちの声がずらりと並んだエピソード! 生徒さんのエピソードが8種類、先生のエピソードが4種類の   全12種類のポスターになっています。とってもボリューミー!   読んだらほっこりするものもあれば、なんだかじーんと来るものまで。 しかもこの広告、なんと問い合わせ先などの情報が全く載ってないんです。な、なんだってー!   担当者に聞いてみると「教室を宣伝するためじゃなくて、プログラミングを学んでいる子供たちや先生たちの声を広く伝えたい」という考えだとか。     広告であるということを忘れて、文章の世界に没頭してしまいそうです。 みなさんも、IT Adventure (アイティーアドベンチャー)がジャックしている市電を見かけたら、是非、エピソードを読んでみてください!   そしてそして、エピソードではないですが… リビング新聞3週連続掲載、第2週目が投函されます! 第2回目は9/4号!   第一回目のチケットと合わせて持っていくと別の特典がもらえるかも!?   市電ジャックとリビング新聞、どちらもぜひぜひチェックしてくださいね♪   IT Adventureホームページ

まきさん